腰・腕

日常生活やお仕事、スポーツ、交通事故などで生じた痛み。気になる症状があれば、いつでもお気軽にご相談ください。痛みを我慢したり放置すると、症状が悪化し治りが悪くなりますので、下記の症状でお困りの方はお早めに当院へお越しください。

  • 治療1
  • 治療2
  • 治療3

腰・腕の痛み

【主な痛みの症状】

急激に起こる腰痛 →ぎっくり腰、筋筋膜性腰痛など
手首の親指側が痛い →腱鞘炎

【ぎっくり腰】について

→ぎっくり腰とは

中腰になったり、何かを引っ張ろうとするときなどに急に腰が痛くなることを総称して「ぎっくり腰」といい、骨盤のゆがみがある方に起こりやすい症状です。ちなみに、くしゃみなどの軽い負荷でもなることがあります。

→当院での治療法

まず、安静にするため、痛みが楽な姿勢で横になります。次に、アイスノンなどを 薄手のタオルで巻いて、痛い部分を20分~30分程度冷やします。

痛みが落ち着くまでは、テーピングやローテルシップ(冷やす能力の高い特殊なシップ)を貼り、さらしやコルセットにて固定します。痛みが落ち着いたら、ぎっくり腰の原因である骨盤のゆがみや筋肉の固さを取り除く治療をします。

※ぎっくり腰は、保険が使えます。

ぎっくり腰は、治療しないと再発しやすくなります。もし、痛みで来院できない場合は、往診しますので電話にてお問い合わせください。

【腱鞘炎】について

→症状の原因

腱を覆う膜である腱鞘と腱が、何かの原因により炎症を起こすものです。

手をよく使う仕事や趣味(手芸など)・スポーツなどでみられ、ほとんどのものがOVER USE(使い過ぎ)によるものが多いです。まれにアライメント不良(骨格の歪み)により、普通に使っていてもなることがあります。

→当院での治療法

一般的に、痛みの強い時期は安静・冷却。痛みが落ち着いてきたら温熱療法や運動療法をします。

当院では、固くなっている筋群をほぐすストレッチ指導や、痛みを再発させないための手の使い方指導、フォーム指導や、アライメント不良による場合は、骨格調整法などを行います。

また、痛みが軽い場合は、なるべくスポーツが続けられるよう、テーピングなどでサポートさせていただきます。